News ニュース

2018.02.07

株式会社アルメックス

アルメックス、ホテル向け新型チェックイン/アウト機を開発
今夏より順次販売、多様化する決済に対応

~スタッフの業務効率化・省力化と宿泊者の利便性向上を実現~

 USEN-NEXT グループの株式会社アルメックス(本社:東京都港区、代表取締役社長:馬淵将平)は、ホテルスタッフの業務効率化・省力化と、宿泊者が簡単にチェックイン・アウト手続きできるセルフ型自動チェックイン機2機種を開発し、2018年夏から順次販売を開始いたします。

 国内ではFintechによるキャッシュレス化が進む一方、現金決済の比率が依然高く、個人消費支出の82%にのぼるとの調査結果も出ております。(出典:経済産業省HP政策特集2017年10月10日)
 そうした中、宿泊施設様にとっては、中期的な現金・非現金の両決済への対応が不可欠となっており、加えて、訪日観光客の急増によるスタッフの業務効率化・省力化、多言語化対応も大きな課題となっております。
 アルメックスは宿泊施設におけるフロント業務の利便性向上を実現するトータルソリューションで高いシェアを誇り、今回、こうしたニ ーズや課題に対応すべく、新型のセルフ型チェックイン機(KIOSK)を商品化いたします。

新機種について

 新開発のKIOSKは、大容量の紙幣ストック機能を搭載する「TEX-2850」モデル(2018年夏発売予定)と、金銭の補充などの管理をより簡単に行える金銭ユニットを搭載した「TEX-01K」モデル(2018年秋発売予定)の 2 機種となります。

■多様なキャッシュレス決済に対応
・多種類のキャッシュレス決済に対応した決済端末
・宿泊者マッチングによるスマート手続きが可能となる QR コードリーダー
・旅館や温浴施設で用いるリストバンド型 IC チップに対応した icode リーダー
・旅館業法で義務付けられているパスポートの写し保管を可能とするパスポートスキャナー

現金に加え、多様な決済手段や機能を搭載した、次世代型KIOSKです。 また、顔認証技術を活用したチェックインも可能とするオペレーションも実現していく予定です。

■旅館業法改正を見据えたオペレーション
 これまでチェックイン時にフロントで対面し記帳していた宿泊者カードについても、予約情報と連動してKIOSKへ表示させ、宿泊者に電子的記帳をいただくという運用が可能となります。チェックイン時における宿泊者のストレスを解消し、顧客満足度向上に貢献します。

■国際ホテル・レストランショー
 新型KIOSKは2018年2月20日~2月23日で開催される「国際ホテル・レストランショー(東京ビッグサイト)」へ試作機(モックアップ)を出展いたします。(東5ホール、小間番号5C-17)
 招待状をご希望の方は、下記当社サイトよりお申し込みください。

株式会社アルメックスについて

商号:株式会社アルメックス(ALMEX INC.)USEN-NEXT グループ
本社所在地:〒107-0061 東京都港区北青山 3-1-2
設立:1966年6月28日
資本金:23億60百万円(払込資本金)
従業員数:634名(2017年8月現在)
年商:170億64百万円(2017年8月現在)
海外子会社:ALMEX SYSTEM TECHNOLOGY ASIA SDN.BHD.(マレーシア)
事業内容:
ビジネスホテル、レジャーホテル、医療機関、飲食店舗、ゴルフ場、その他商業施設に向けた自動精算機、受付機、ホストコンピュ ータを中心とするフロント管理システム、業務効率化を目的とするITトータルソリューションの製品・サービスの企画・製造・販売・保守メンテナンスおよび関連事業におけるWEBサービスの運営
企業理念:
「テクノホスピタリティを世界へ」Technology×Hospitality
最先端のテクノロジーとソリューションを通じて、直接我々の製品やITサービスを導入される施設・店舗のお客様(ユーザー)はもとより、その施設・店舗を利用される多くの消費者や生活者(エンドユーザー)に対して、究極のホスピタリティ(効率性、省力化、利便性、生産性向上)を世界中に提供していくこと。それが、アルメックスの企業理念です。

お問い合わせ

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ
株式会社アルメックス
広報担当:小林(USEN-NEXT HOLDINGS 広報部)
TEL:03-6823-2010

製品に関するお問い合わせ
株式会社アルメックス ホテルシステム事業部
担当:西村
TEL:03-6820-1470